ひのみね療護園自治会規約


施行 昭和61年4月1日
最終改正 平成12年6月1日


    第1章 名  称
第1条 名称
  本会は、「ひのみね療護園自治会」(以下自治会)と称す。

    第2章 目  的
第2条 目的
  本会は、ひのみね療護園入園者の共同生活の秩序維持を図ると共に、快適で有為義な園生活を過せるよう、又、各々の残存能力を有効に利用し、園生活の自立化を目指して組織する。

    第3章 会  員
第3条 会員
  本会は、ひのみね療護園入園者を会員とする。
第4条 運営
  本会の運営にあたっては、代議制を採用し、各部屋に代議員1、副代議員1を置く。

    第4章 代 議 員 会
第5条 代議員会の構成
  代議員会は、役員、顧問、議長及び各部屋の代議員で構成する。
第6条 招集日
@ 代議員会の招集日は、原則として毎月第1土曜日とし、それが不可能な場合は議長と顧問の協議により前後1週間以内に招集する。
A 議長は、必要に応じて臨時代議員会を招集できる。
第7条 代議員会議長の選出及び任期
  代議員会議長は、自治会会長によって指名選出され、任期は2年とする。
第8条 代議員会議長の役割
  代議員会議長は、代議員会を招集し、司会進行を行う。
第9条 代議員の選出及び任期
  代議員及び副代議員は、各部屋より部屋会によって選出され、任期は1年とする。

第10条 代議員の役割
  各代議員は、代議員会の前後に部屋会を行い、各自治会員の意見把握と代議員会の報告を完全に行う義務を有する。
第11条 代議員会の会議内容
  代議員会は、次のような順序で進行・討議される。
(1)各代議員の出欠の確認
(2)議案の提出、討議、決議
(3)役員及び顧問への質疑・応答
(4)役員及び各委員会からの連絡事項の発表
(5)顧問からの連絡事項及び行事予定の発表
(6)先月の目標の反省
(7)今月の目標の討議と決議
(8)役員からの提案
第12条 代議員会の表決
  代議員会の議事は、この規約に特別の定のあるものを除いては、顧問を除く出席者の過半数でこれを決し、可否同数のときは、議長の決するところによる。
第13条 審議の継続
  代議員会の時間内に議決に至らなかった案件は、後会に継続する。

    第5章 部 屋 会
第14条 部屋会の目的
  部屋会は、各部屋を構成する会員が直接自分たちの要求を出し合い、民主的かつ能率的に意見をまとめることを目的とする。
第15条 部屋会の招集日
@ 部屋会の招集日は、代議員と部屋担当職員との協議により、代議員会開催前1週間以内に招集する。
A 代議員は、必要に応じて臨時部屋会を招集できる。
第16条 部屋会の会議内容
  部屋会は、次のような順序で進行・討議される。
(1)代議員会の報告
(2)自治会役員からの提案事項の検討
(3)役員及び顧問への質問・要望事項の提出と検討
(4)部屋担当職員への要望事項の提出
(5)先月の目標の反省
(6)今月の目標の部屋案の討議と決議

    第6章 顧  問
第17条 顧問の設置
  本会は顧問を置く。
第18条 顧問の選出
  顧問は自治会担当職員がこれにあたり、選出ついては職員に一任する。
第19条 顧問の役割
@ 顧問は、自治会活動を円滑に行なうための調整及びチェック機関として、自治会活動全体の監督を行なう。
A 顧問は、自治会と職員との連絡・調整を行なう。
第20条 顧問の権限
@ 顧問は、すべての議事の表決に参加できない。
A 顧問は「拒否権」を持ち、自治会の決議に対してこれを発動させることが出来る。

    第7章 役 員 会
第21条 役員の定数及び義務
  本会は、次の役員を置く。役員は役員会を組織し、会の運営を円滑なものにするよう努力する。
  会長 1  副会長 2   総務 1  書記 1  報道官 1  会計 1
  レクリェーション委員長 1  図書委員長 1  代議員会議長 1
第22条 会長並びに役員の選任
@ 会長は、全体投票により任命される。他の役員は、会長がこれを指名し、代議員会の承認を受け任命されるものとする。
A 役員と代議員の兼任は、これを妨げない。
B 会長の健康上の理由等による支障が生じた場合は、副会長が代行する。代行はその年の年度末まで継続するものとする。
C 役員に同様の支障が生じた場合は、会長は顧問と協議し、再度指名する事ができる。
第23条 会長並びに役員の任期
  会長並びに役員の任期は、2年とする。
第24条 会長の職務
@ 会長は、本会を代表し、役員及び顧問の協力を得て、本会の目的遂行を図るものとする。
A 前項の職務を円滑に行なうため、会長は本会全体を指揮監督し、そのすべての責任を負うものとする。
B 会長は、役員を代表して議案を代議員会に提出し、一般内務及び外交関係について代議員会に報告する義務を負う。
C 会長は、必要に応じて役員会を招集することができる。
D 会長は、必要に応じて特別委員会を設立することができる。
第25条 副会長の職務
@ 2人の副会長は、内務系職務と外務系職務に分割されたそれぞれの職務を遂行する。
A 内務系副会長は、園内で起こる様々な問題の解決に全力を注ぎ、会員たる入園者の不満及び要求を聞き取ることを職務とする。また、会長不在の場合は、その職務を代行する。
B 外務系副会長は、園外からの様々な使者を接待するとともに、様々な善意に対する礼状を創案することを職務とする。
第26条 総務の職務
  総務は、行事予定表を含む掲示板の管理を行なうとともに、本会に関する様々な資料の整理及び管理を行なうことを職務とする。
第27条 書記の職務
  書記は、本会の記録及び様々な文書の清書を行なうことを職務とする。また、他の役員がワープロを打てない場合は、その手となり代筆を行なう。
第28条 報道官の職務
  報道官は、役員間の連絡調整を行なうとともに、役員会の決定事項を会員たる入園者に伝達することを職務とする。また、会長が喋り難い場合は、その口となり代読・代弁を行なう。
第29条 会計の職務
  会計は、本会会計を管理することを職務とする。
第30条 役員会の表決
  役員会の議事は、出席役員の過半数でこれを決し、可否同数のときは、会長の決するところによる。

    第8章 選挙及びリコール
第31条 会長選挙
@ 会長選挙は、任期が満了する年の3月度定例代議員会終了後1ヶ月以内に行う。
A 現会長は、上記の代議員会で選挙管理委員を指名しなければならない。
B 選挙管理委員は、選挙管理委員会を設置して、顧問と投票日などを決定しなければならない。
C 立候補者は、推薦者を3人以上(職員でも可)選挙管理委員会に提示しなければならない。
D 立候補受け付け期間は、3月度代議員会終了後より1週間とし、公示は、受け付け終了翌日より行う。
E 現会長が立候補しない場合は、役員推薦として1人を候補に立てることができる。
F 投票の結果、得票数の多い者が会長に選任される。得票数が同数の場合は再投票を行う。
第32条 会長並びに役員の解職請求権と不信任決議案の発議
@ 会員たる入園者は、会長並びに役員の解職を請求する権利を有する。

A 代議員が会長並びに役員の不信任決議案を発議するときは、代議員会でその理由を述べるとともに10人以上の会員の署名を提出しなければならない。
B 議長は、会長並びに役員の不信任決議案が発議されれば直ちに討議し、裁決を行う。裁決の結果、本会出席者の過半数以上の賛成多数でこれを可決する。可決されれば、その月に第31条の手 順にて選挙を行う。

    第9章 委員会及び委員
第33条 委員会の種類
@ 委員会は、常任委員会及び特別委員会の2種とする。
A 常任委員会には、レクリェーション委員会及び図書委員会があり、年間通じて組織・活動するものとする。
B 特別委員会は、文化祭実行委員会及び交流促進委員会等、必要に応じて組織・活動するものとする。
第34条 委員の選出
  各委員会の委員は、会長もしくは役員会によって指名され任命される。
第35条 レクリェーション委員会
  レクリェーション委員会は、入園者の動向を把握し、担当職員と協議しながら行事計画の企画実施を担う。
第36条 図書委員会
  図書委員会は入園者の要望を把握し、担当職員と協議のうえ、図書の選定を行う。また、図書の保管並びにDルーム本棚にあるビデオテープ、CD、カラオケディスク等の管理及びビデオ録画の予約等を行なう。
第37条 委員会の表決
  委員会の議事は、出席委員の過半数でこれを決し、可否同数のときは、委員長の決するところによる。

    第10章 園長との話し合い
第38条 園長との話し合い
 本会は、年に1度又は必要に応じ園長との話し合いを持つものとする。

    第11章 会  費
第39条 会費
@ 当会の会費は、原則として年2000円とする。
A 役員会は、次年度分の会費の徴収額を変更することができる。ただし、代議員会で承認を受けなければならない。
B 会計年度中に中途入園した会員は、その年の会費を徴収されない。
C 会費の収支は会計係が担当する。
第40条 会計監査
  本会は会計監査委員を置き、年度末に会計監査を行う。

    第12章 規約外事項
第41条 規約改正
  本規約を改正するに当たっては、代議員会出席者の3分2以上の賛成を必要とする。
第42条 規約外事項
  この規約に定めない事項については、代議員会、役員会、部屋会等で協議を行うもとする。

    第13章 附  則
第43条 規約の施行期日
  この規約は、平成12年6月1日もって施行するもとする。


資料館に戻る

ホームに戻る