ひのみね長屋

はじめに

                          大家  村上 哲史

 ひのみね長屋へようこそ。
 トップページでご覧になったとおり、このサイトは身体障害者療護施設 ひのみね療護園の自治会が運営しています。

 【ひのみね長屋】とは、私たちの生活が昔の長屋の暮らしに似てるように思ったので こう命名しました。

 どこが似ているかというと、まず建物の形。長い廊下に沿って居室が並ぶ様は、 まさに長屋そのものです。居室と居室の間は壁一枚。また、 居室の中の間仕切りはカーテンだけだから、襖で分かれていた昔の長屋とあまり変わりありません。
 プライバシーの観点から見れば問題ありと言わざるを得ませんが、 その分お互いに分かり合えて義理人情に厚いという利点もあります。

 今ではあまり見られなくなったお隣さん同士の醤油の貸し借りなども ここでは頻繁に行われています。お隣さんというより家族といった方が近いかもしれません。 もう十年も二十年も一つ屋根の下で暮らしている者同士だから、気心が知れ渡っているというか何というか・・・。 まあ、中には気が合わない者とかもいて、しょっちゅう口喧嘩をしていたりとかもするけどね。

 とにかく性格の違う50人もの人間が昼夜を問わず一緒に生活しているのだからいろんなことが起こって当たり前。 そしてそこに施設の職員やらボランティアやら出入りの業者やらが関わってくるのだから、 ここはもう立派に社会の一部です。

 それなのに、そんな施設の中の様子は外の世界の人にはあまり知られていません。 私たちは、自分たちのことをもっともっといろんな人に知ってもらいたいと思っています。
 そのために作ったこのサイト。
 できるだけ多くの方に見ていただき、施設の中がどんなものか、 どんな暮らしをしているのか知ってもらえたらと思っています。

 まずはこの「ひのみね長屋」をごゆっくりご覧になっていってください。

掲示板
新着情報 ひのみね長屋資料館 長屋の住人(個人ホームページ) 長屋文化館(クラブ作品展示室)
長屋の出来事 長屋の予定 長屋の夕食 リンク・リンク・リンク



メールアドレス ryougo-en@hinomine.com

トップページへ