ひのみね長屋
給食課へのエールを込めて

長屋の夕食


8/29
サバの煮付け・カニ玉風

サバの煮付けの写真

 「おふくろの味」の代表格、サバの煮付け。青く光る皮の下には旨味を閉じこめた赤身とツルンとした食感の脂身。これらをほぐして、しっかりと煮詰まった煮汁と絡めて口に放り込めば、それはもう至福の瞬間でしかない。一口大のカボチャも昆布巻きもはんぺんにもサバの旨味がよく滲みている。ただ、ショウガの利きがイマイチ足りないが、これもまた30年間変わらない「ひのみねの味」なのだ。
 カニ玉風は旨いのか旨くないのかよく分からない。そもそも、カニ玉とカニ玉風ではどこがどう違うのだろうか。どちらにしても、温かくなければ本来の美味しさが台無しになってしまう。とりあえずは、すべて平らげた。


8/22
スパゲティーミートソース
サラダ・フルーチェ


スパゲティミートソースの写真

 子供たちには人気のミートスパゲティー。でもボクはそんなに美味しいとは思わない。麺にはコシがないし、ミートソースはかなり甘口。とろみが強く、一般に使われているトマトベースのミートソースとは似て非なるものだ。ひのみねのメニューの中でも、あまり美味しくないものの部類に入ると思う。
 サラダは、キュウリ・ブロッコリー・若布・トマトの盛り合わせ。左に乗っているのは角切りのチーズ。これらにお好みでマヨネーズ・醤油などをかけて食べる。シャキシャキしたキュウリの歯ごたえが心地いい。
 デザートはハウスのフルーチェ。器を工夫してくれれば、もっと美味しそうに見えるのになぁ。


8/7
冷しゃぶ・卵豆腐・もずく

冷しゃぶの写真

 薄切りの牛肉をさっとお湯にくぐらせて冷水で冷やした冷しゃぶ。お肉特有のしつこさもなく、歯のない者でも簡単に噛み切れる冷しゃぶは、お年寄りにも人気のメニューだ。
 お肉の下には、千切りのレタスと輪切りにキュウリがこれでもかと言うほど敷き詰められ、市販のゴマだれをかければ、まさにサラダ感覚。サッパリとした酸味と野菜のシャキシャキ感が食欲をそそる。
 残さず全部食べきった後は、サッパリともずくで締める。ツルンとした喉越しと程良い三杯酢。思わず一気に飲み干してしまった。

掲示板
新着情報 はじめに ひのみね長屋資料館 長屋の住人(個人ホームページ)
長屋文化館(クラブ作品展示室) 長屋の出来事 長屋の予定 リンク・リンク・リンク



メールアドレス ryougo-en@hinomine.com

トップページへ